検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

麻衣が語る男子についての10の秘密

2018.07.08
「ペガサス座の箱庭」の麻衣が男子の急所について語ります。
キンタマは蹴られるとすごく痛いみたいですが、痛み以外にも色々な特徴があります。
これらの特徴を使えば、男子相手の恋愛や勝負でも、有利になるでしょう。

*いつもはアップロード後、1時間程度で、変換中が消えるのですが、9時間以上経っても、まだ変換中が消えません。
試しに、動画投稿の欄を使ってみましたが、行けないみたいです。
原因が分かる人がいたら、教えて下さい。
単に、サーバーのメンテナンスとかの問題かも知れませんが・・・。

*本来、最初の静止画が表示されるべきところが潰れていますが、iPadで、その潰れたところをクリックすると、動画が見られます。しかし、13分動画のはずなのに、最初5分くらいの表示でした。どうなるかな?と思っていたら、最後まで行くと、残時間が8分位に替わり、一応は最後まで見られました。ただ、パソコンだと動画ありませんになるようです。

*7月8日15時50分追記:色々とありましたが、動画が13分通しで見られるようになりました。単に反映が遅かっただけのようです。


以下のリンクで、FC2動画に飛びます。

タイトル:麻衣が語る男の子についての10の秘密

http://video.fc2.com/content/%E9%BA%BB%E8%A1%A3%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E7%94%B7%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86.mpg/20180707UJBtk5LZ&tk=Tnpnek1qUXhNVEU9


ブログ掲載用(金髪制服少女のイラスト)



(広告:アマゾンのページへ飛びます)




スポンサーサイト

お知らせ(2018年7月7日)

2018.07.07
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。
今回は、「ペガサス座の箱庭」の麻衣が男子についての10の秘密を語る音声を更新します。
男子最大の急所を利用すれば、空手や柔道の試合以外でも、女の子が有利になります。
アップロード準備ができましたら、更新します。

ペガサス座の箱庭の麻衣が語る男子の急所について(金的攻撃の効用について)

2018.06.02
今回はキンタマについての秘密を10個ご紹介します。
男子がなかなか鍛えられないキンタマですが、多くの魅力を持った素敵なミステリーゾーンです。
うまく利用すれば、柔道少年や空手少年の男子でも、一瞬で地獄モードに落とせます。
日常生活から護身術まで活用シーンは多いと思います。
ただし、かわいい男の子に悪用はいけません。
本当に金玉が潰れてしまったら、女の子になってしまいますし、気をつけましょう♪



秘密その1、温度による伸び縮み。
夏場やお風呂場では、だらしなく、金玉袋伸び切っていますが、寒い冬の時期はなくなったかと思うほど、縮まって、足と足の間に収納されます。
縮まるのは金玉のほぼ唯一の防御機能ですが、それを無効化するためには、お湯で温めるのが効果的です。
金玉袋の収縮には男子の意思は一切関わりありませんから、外気の温度で、お好みの状態にすることができます。
会心の金蹴りを決めたい人は、お風呂場か、お風呂を出た直後の男の子を狙いましょう。
きっと、苦しむはずです♪



秘密その2、痛いと上がる。
1番でも言いましたが、金玉の防御機能の一種で、キンタマに衝撃を受けると、自動的に金玉袋は縮み、防御を固めます。必然的に金玉は股の方に向かって、上がることになります。
しかし、次なる衝撃に備えるためにはいいかも知れませんが、金玉が股に近づくようにして上がると、男子は内臓を圧迫されたかのような痛みに襲われます。
そのため、早くこの状態から解放されようと、金玉を下げるために、ピョンピョンとジャンプをする男子が多いのです。



秘密その3、緊張したり、怖い思いをすると、上がる。
お化け屋敷などで、「金玉が縮まる」と言う子がいますから、男子にとっては、自然に起きる現象なのでしょうね。
仲の良い男の子の友達がいる場合は、その子に頼んで、お化け屋敷から出た直後に、金玉の状態をチェックしてみましょう。
その男の子は怖がりなのかをチェックするのは最適です♪

ついでに言うと、お化け屋敷は急所蹴りに最適なスポットの1つですね。
暗がりで不意をついて金蹴りするのもいいですし、キンタマを握りながら歩くのも素敵ですね♪



秘密その4、射精直前になると、上がる。
男子自身も知らないことが多いのですが、射精直前になると、タマタマが金玉袋の上の方に上がります。
そして、上がり切ると、まもなく、射精を迎えます。
何でもない動きですが、この現象を利用して、射精管理ができます。
セックスの最中の男子の金玉袋を付け根からOKリングにして絞り込み、手の平で全体を優しく包み込むような形にします。
これで、男子の金玉の状態を把握できます。
「上がってきたかな?」と思ったら、一気に下へ引っ張ります。
これをされると、男子は絶対に射精できないみたいです♪
勝手に絶頂に達してすぐに射精してしまう男子の時によくこのテクニックを使っています。
射精したい時に止められるのはすごくつらいようですが、このテクニックを覚えてからは、必ず私が先にイクことができます。
生意気な男子が相手の場合は、この技で、射精をコントロールして、からかっています♪
男子は腰を振ったりして必死に射精に漕ぎつこうとしますが、金玉を下に引っ張るだけで、元通りの状態となり、決して射精できません。
場合によっては、男子に「自分でシコって出してみて」と言うこともありますが、金玉を下に引っ張ると言うテクを利用すれば、永遠に射精できない状態を継続できます♪

この時、「まだ射精できないの?」・「精通もしていないんだ。ちゃんと金玉付いているんでしょう?」・「射精できなかったら赤ちゃんも作れないわね。お股にタマタマをぶら下げているだけでだらしがないの」などと言葉責めも同時に行います。
最後は私がシコってイカせますが、その時の悔しそうな男子の顔は笑えます。
いつも好きなタイミングでイッている男子を懲らしめるのは楽しいです。



秘密その5、寝ている時も、金玉は袋の中を上下左右に動く。
夢精や朝立ちを決めるのも、この運動によります。
ノンレム睡眠の時は深い眠りで、おちんちんもおとなしくしていますが、レム睡眠の時間帯は交感神経が活発になり、脳は男子に性的な夢を見させて勃起や射精に導きます。
この時、脳と連動して、金玉の上下運動も盛んになり、射精できる状態を整えます。
男子に夢精に近い状態での強制射精を体験させたい場合、パジャマやズボンの上から金玉を優しく撫で回します。
男子が起きている時間帯は無理ですが、睡眠中はそれくらいの刺激で簡単に射精に至ります。
男子がなかなか誘いに乗ってくれない時などに使ってみましょう。
夢精後、男子はよごれたパンツの処理に困ることでしょう♪

この時、夢精しても目が覚めないタイプの子と目が覚めるタイプの子がいますが、寝たままの子が相手の場合は、翌朝の対応が見物です。
自身の欲求不満を自覚して、驚くほど順応になる子もいます。
また、夢精と同時に目が覚めるタイプの男子の場合は、「どうしたの?エッチな夢でも見て夢精しちゃったの?」と言うと効果的です。
場合によってはそのまま、前戯に移行することもあります。



秘密その6、金玉本体以上の急所がある。
あまり意識していない子が多いですが、男子には、金玉以上の急所として、副睾丸があります。
金玉袋には収縮筋がありますが、副睾丸にはそれすらありません。
純粋に精子を保管・育成するだけの場所なので、完全に無防備状態です。
その上、痛感神経も集中しています。
男子相手の喧嘩では、この副睾丸を狙うのがおすすめです。
仮に喧嘩の相手が金蹴りマニアのM男でも、副睾丸の痛みには耐えられません。
副睾丸の探し方は簡単で、金玉を触っていると、金玉本体に隣接するように、ゴリゴリとした部分がありますが、ここがお目当ての急所です。
速攻で男子を倒したい場合はこの副睾丸にツメを立てて握るか、平手打ちがおすすめです。
サッカーやK1をやっていて、金的への衝撃に慣れているはずの男子も、すぐにノックアウト状態になります♪


ブログ掲載用(金髪制服少女のイラスト)




秘密その7、金玉は内臓の一部だからお腹まで痛くなる。
空手やK1などで、股間に蹴りを受けた男子がうずくまっている光景を時々見掛けますが、同時に激しい腹痛を訴える選手も多いです。
これは金玉が元々は内臓の一部で、金玉と腹膜がつながっていることが原因です。
どんな武道派の男子でも、腹膜を鍛えている子はほとんどいないため、金蹴り一発で簡単に地獄モードになります。



秘密その8、副睾丸を優しく刺激すると、予備の精液が出てくる。
連続の強制射精で空っぽになったように見えても、副睾丸にはまだ精液の蓄えがあるケースがあります。
彼氏の浮気防止のためには、この部分も含めて、全て放出させましょう。
再び精液が溜まるまで3日間くらいは射精できないはずです。
この間、男子の性機能は、擬似的に精通前、つまり小学校3、4年生頃の状態に戻ると言うことです。
男子って、かわいそうね♪



秘密その9、金玉を蹴られると、うずくまる。
女子から金蹴りを受けてうずくまる男子の姿はよく見掛けますが、どうしてうずくまるのでしょうか。
実は脳からの信号が原因なのです。
金玉に受けた衝撃を脳は内臓奥部への衝撃と錯覚し、男子に沈静化の指令を出すため、どんなに強い男子でもうずくまってしまうのです。
スポーツマンの男子ほど悔しがって、もがきますが、脳からの指令には逆らえません。
腹パンやスネ蹴りを受けた時とはレベルが違う痛みが男子を襲うのです。

無抵抗状態を長時間楽しみたい場合は金蹴りだけではなく、直接金玉を握っておきましょう。
ダメージが続く間は、男は女にほとんど反抗できません。
中には髪を引っ張って来たり、お腹を叩いてきたりする子もいますが、さらに金玉を強く握れば、すぐにおとなしくなります。
空手や柔道有段者の男子を金玉握りで懲らしめるのは快感です♪
でも、友達相手の場合は、さすがに金玉握りばかりではかわいそうなので、おちんちんの方でも遊んであげています。
これも射精をストップさせながらのイカセ技を行うと、最後、男子はみんな「抜いて下さい!」と懇願してきます。
この時、たいていの男子は、どんなお願いでも聞いてくれます。
なので、「毎日、金蹴りや金玉グリグリをしてもいい?」と金的攻撃の特権を獲得しましょう♪



秘密その10、金玉袋の付け根を締めていると、勃起したままになる。
金玉を下に引っ張るテクで遊んでいるうちに気づいたのですが、金玉袋を付け根から締めていると、男子は勃起しっ放しになります。
普段、射精後はすぐになえてしまう子でも、勃起直後に金玉袋の付け根を締め付けることによって、長時間の勃起を可能にします。
元々、勃起はおちんちんに血液が集中して起きる現象ですし、金玉袋から出入りする血液の流れをコントロール下に置けば、勃起の管理も自由自在なのです。
お風呂場などでぎりぎり理性を保っている男子でも、勃起の制御権を奪ってしまえば、女子の言いなりです。



挿絵・競泳水着の未紀(ブログ用3)



以上、金玉についての10個の秘密でした。
男子との関係に悩んでいる方などは積極的にご活用下さい。



(広告:アマゾンのページへ飛びます)





お知らせ(2018年6月2日)

2018.06.02
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

今回は、キンタマの秘密について、「ペガサス座の箱庭」の麻衣に語ってもらいます。
近いうちに、音声も付けたいと思います。

空手男子との護身術対話(急所蹴りの効果について)

2018.04.28
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

先日、お知らせしましたが、「金的悶絶している男子との対談」の音声付きイラスト動画をアップしました。
タイトルは、「空手男子との護身術対話」にしました。
男子を相手にした護身術では、金蹴り(急所蹴り)がとても効果的だと思います。
キンタマに受けた衝撃を脳は内臓へのダメージだと錯覚して、男子を強制的に沈静化させます。
その間に簡単に逃げることができます。
何かの事情があって、遠くまで逃げられない場合でも、キンタマに衝撃を受けた男子はうずくまったまま、少なくとも10分間は自分の意思では性行為もできなくなりますので、安全です♪

[広告] VPS




(広告:アマゾンのページへ飛びます)


お知らせ(2018年4月25日)

2018.04.25
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

先月更新しました女子が金的悶絶している男子に一方的に語りかける文章の音声が用意できるので、近いうちに更新したいと思います。

武道家の男性が彼女からキンタマをデコピンされて負けるのも面白そうですね。
ただ、キンタマにデコピンされるだけだと、大してダメージにはならないでしょうね。
私は「キンタマにデコピン」と言う表現を使っていますが、タマピンと呼んでいる人もいますね。

あと、よく考えてみたら、このブログでは、普通の制服姿のイラストを使ったことがなかったので、制服イラスト入りの小説も更新したいと思っています。
海外の学校で徹底的に護身術の教育を受けた女子が帰国し、急所攻撃で、周囲の男子を悶絶させまくると楽しそうです。



(広告:アマゾンのページへ飛びます)





金的悶絶している男子との対談

2018.03.24
どう?効いた?
忍(しのぶ)も金玉を蹴ったら、大したことなかったわね。
男のくせにだらしがないの。
ちゃんと、おちんちん付いているんでしょう?
少し蹴られたくらいでうずくまらないの。
ちょっと位、我慢しなさいよ。我慢、我慢。
あ、でも、おちんちんだけでなく、金玉も付いているから我慢できないのよね♪
男の子だもんね。
私の股、すっきりしているでしょう?
金玉付いていないのよ?
羨ましい?

ねえねえ、まだ痛いの?
さすがに男の急所と言われるだけのことはあるわね。
空手をやっている男子がこんなに苦しむなんて。
でも、卑怯だなんて言わないでね。
金的攻撃ありは真剣勝負の証なんだから。
金玉も鍛えてこそ、真の武道家よ。
まあ、私は女だから鍛える必要ないんだけど♪

公式戦だったら、だれも金玉なんて狙わないって?
そんなの、男が弱いからでしょう?
男女別に試合をしているのも、金玉をやられると、男子がすぐにうずくまるのが理由だし。
でも、公式戦も男女混合戦にして、金蹴りや電気あんまを解禁すれば、空手も、今よりもっと人気が出ると思うわ。

知っている?
金玉は男が強くなりすぎるといけないから、神様が男の子だけにわざと付けた急所なの。
だから、普通の男子がどんなにトレーニングしても、金玉だけは筋肉がほとんど付かなくて鍛えようがないのよ。
生まれたての赤ちゃんでも、オリンピック選手でも、金玉の防御力だけはみんなほとんど同じなの。
でも、もし金的攻撃に強くなりたいなら、女の子に頼んで、毎日金玉を蹴り飛ばしてもらうのが1番の近道よ。
毎日蹴られているうちに、金玉の痛みには慣れると思うわ。

ねえねえ、忍は女の子に負けて悔しい?
そうよね。空手をやっている男子って、女子は弱虫と見下している子が多いから。
そんな女の子に金蹴り1発で負けたら悔しいわよね。
でも、金玉が男の急所だと言うことは小学生の女の子でも知っているのよ?
空手有段者の男子が普段全然運動していない同い年の女の子に金蹴りされて負けるなんて最高ね。
私も見たことがあるんだけど、まともにキックを受けると、男子は30分位は立ち直れないみたいね。
男子最大の急所の効果ってすごいと思うわ。

あと、息ができなくて、お腹も痛いの?
金玉って、足と足の間にぶら下がっているけど、元々は内蔵だから、つられてお腹まで痛くなるようね♪
胃が酸素を受け付けてくれなくなるのも、そのためよ。
激痛と呼吸困難で、戦闘能力だけでなく、男子の戦意まで奪うのだから、女の子の護身術としては最適ね。

潰れていないか、確認してあげるわ。
ズボンとパンツは脱がさせてもらうわよ?
え、変態女って、いつも家でおちんちんをシコシコしている男子の方がよっぽど変態さんだと思うけど?
トモヤに聞いたわよ?クラスの女の子の写真も自慰のネタに使っているって。
それに自慰していると、集中力が落ちるみたいだから、空手をやっているうちは自慰しない方がいいわよ。
まあ、毎日、ムラムラしている男子は我慢できないでしょうけど♪

どれどれ、どんな感じかしら?
あら、金玉は2つとも付いているし、血も出ていないから大丈夫よ。
モミモミ、モミモミ♪
家でシコシコしている時って、こんな感じなの?
男子って、こんなので気持ち良いんだ。

違うって、こんなに固くさせて何が違うのよ?
男だったら、勃起位、我慢しなさいよ。
えー、女子に触られていると我慢できないって?
情けないわね♪
本当は気持ち良いってことでしょう?
そーれ、モミモミ、モミモミ、シコシコ、シコシコ♪
あ、でも、イカせてあげないわよ。
狙いは金玉だから、下の方を狙って、タマタマをニギニギさせてもらうわね。
金玉つぶしー♪

少し握られただけでそんなに痛いの?
私には全然感じない程度よ?
やっぱり、金玉は男の急所だから?

えーん、えーん、金玉痛いよ~♪
金玉が潰れちゃうよ~♪
助けて下さい♪
忍って、今、そんな感じ?
私には金玉なんて付いていないからわからないけど、すごく痛いの?
でも、本当は忍が大げさなだけでしょう?
もし、私が男だったら、金玉を握られた位で、そんなに痛がらないわよ。

本当に、男って、金玉をやられると弱いわね。
こんなに立派な筋肉があるんだから、もう少しは抵抗してよ?
空手の有段者だから、痛いのには慣れているでしょう?
それでもダメなの?
うふふ、金玉は男の急所だから?
まあ、忍も強くなりたいなら、次は女の子に生まれてくるように、神様にお願いしておきなさいね♪



(広告:アマゾンのページへ飛びます)







お知らせ(2018年3月24日)

2018.03.24
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

今までこのブログではやっていなかった書き方ですが、女の子が金的悶絶している男子に一方的に話し掛ける小説をアップしますね。音声付きにする予定で書きましたので、音声が準備できましたら、また更新します。

護身術での金蹴りを経験した女の子は、たいてい、悪用したくなります。彼氏や男友達などを相手に金蹴りや金的アッパーをやり始めます。護身術を習ったと言いながら、何も急所攻撃をして来ない子はかなり貴重です。もし、そんな女の子を彼氏や友達に持っている方は大切にしてあげて下さい。



(広告:アマゾンのページへ飛びます)





女子サッカー部と2つの軟球(その3)

2018.02.22
 美穂にキンタマを握られた龍三は何とか喧嘩を続行しようともがいたが、どうにもこうにも痛みが引かない。キンタマは美穂に握られたままだし、地獄の苦しみが続く。

 サッカー部の美穂であっても、普通に身体を比べれば、龍三の方が体格も身体能力も優れている。しかし、キンタマが全てを無効にするのである。しかも、激痛のみならず、何とも言えない吐き気や腹痛まで湧いてきて、男子の行動を束縛する。

 キンタマをぶら下げている男子自身も知らないことが多いが、キンタマは内臓の一種なのである。精子が熱に弱いため、足と足の間にぶら下がっているに過ぎない。内臓を直接蹴られるのだから、スネ蹴りや腹パンとは比べ物にならない痛みが男子を襲う。

「男のくせにだらしがないわね。もっと抵抗しなさいよ?」

「く、くそ・・・」

 美穂が見下したように言うが、龍三は会話もままならないほどに苦しんでいる。股間の小さなキンタマを握られただけであるが、全身打撲・鳩尾へのパンチを何十回も受けたのと同じダメージが男子に与えられる仕組みになっている。文字通り、男子は一瞬で、地獄モードになる。

 喧嘩早い男子でも、日常的に全身打撲や内臓損傷を経験している子はまずいないし、キンタマは完全なミステリーゾーンで、毎回、未知の痛みが男子を襲う。男子は男性ホルモンのおかげで、筋肉質な身体と高い運動神経を持てるが、男性ホルモンの生産地であるキンタマはとても脆弱な急所だった。

 スネや鳩尾を強打するような痛みは定型化されるが、キンタマの痛みは内臓感覚の激痛のため、定型化されない。その都度、異なった角度から男子を苦しめるのである。

 美穂が周囲を見渡すと、女子更衣室に乱入してきた男子は、みんな女子からの急所攻撃に苦戦している。男子は30人、キンタマは60個あったはずだが、女子からの金的攻めに耐えられた者はいない。

 キンタマから発せられる重苦しい苦痛が、男子を股間に100キロ越の鉄球がぶら下がっている状態にさせるのである。いかに鍛え抜かれた高校球児であっても、身動きもできなくなる。

「神様って面白い物を男子に付けたものね♪でも、そんなに苦しいなら、キンタマなんて、取っちゃえば良いのに♪」

紀香:「あはは。そうね。まあ、女子が男子のことを支配できるように付けたんじゃないのかしら?運動神経抜群の男子でもキンタマを握れば、私たちの言いなりになるし」

 同じ女子サッカー部の紀香も会話に参加してきた。すでに、紀香は2人の男を金的悶絶でノックアウトさせている。速攻金的が得意なため、攻撃対象は副睾丸に集中していた。具体的には、男子の股間の真下から膝蹴りを命中させるだけであるが、鍛え抜かれた男子も10秒も経たずに戦闘不能になった。

美穂:「龍三は女の子になりたいと思ったことはあるの?」

龍三:「あるわけねーだろ!女なんてチンコも付いていなくて、チャラチャラしているだけなんだからよ!」

美穂:「あら、男子もキンタマをぶら下げているだけで、弱いじゃないの」

紀香:「そうよ。キンタマが付いているから、そんなに苦しまないといけないんでしょう?女の子だったら、股間を握られた位で痛がるなんて、ありえないし♪」

 美穂と紀香がすっきりとした股間を見せつけるように仁王立ちしていると、龍三はどうしょうもない敗北感に駆られる。キンタマが付いたまま、女子と戦っても、勝てる気がほとんどしなくなる。

 しかし、男子も一方的にやられているばかりではなかった。男子の第二陣がやってきたのである。人数は一陣よりも少ないが、様子がおかしい。

「何やっているのよ!」

 その一団を見るなり、紀香たちが叫ぶ。

 無理もない。その男子たちは女子サッカー部の彼氏のキンタマを人質にしているのである。

「おまえたち、降参しないと、彼氏のキンタマは握り潰してやるからな!」

 直道が宣言する。

 実際は事前に相談して、人質役になってもらっただけなので、力は入れていない。しかし、キンタマは包まれただけでも常に危機感を抱かせるので、人質役の男子は思わず、腰が引けて、女子からは本当にキンタマを握られて脅されているように見えた。

 それでも、女の子にはキンタマの痛みが分からないため、野球部との勝負を優先させてしまう。

「ヒロシ、だらしがないの。もうセックスしてあげないわよ!」

「さっさとこっちに来ないと、今夜金蹴り100発だからね!」

 女子サッカー部の彼女たちから容赦ない声が聞こえる。

 男同士の友情で、男子野球部に協力しているが、性欲処理は女子の強いコントロール下にある。自慰よりもセックスの方がずっと気持ちいいし、手による愛撫も女子にやってもらった方が数倍の快感になる。

 そうこうしているうちに、女子が攻勢に出た。意表を突かれた野球部の男子たちは人質のキンタマから手を離し、防衛に出たが、もう遅い。

 ほぼ無防備になっている男子の股間を女子が蹴り上げる。しかも、いつものように手加減もしていないので、まともにキックを受けることになる。

 野球部の二陣は女子更衣室に入ってから5分もしないうちに、一陣の男子たちと同じ運命をたどって行く。

 さらに、男子の悲劇は続く。一陣の乱入後、応援の連絡を入れておいたチアリーディング部の女子まで駆けつけたのである。このため、挟み撃ちにされた野球部の男子は総崩れとなった。

 ある者はキンタマを蹴られ、ある者は後ろからキンタマを握られ、さんざんな目に遭った。近距離での蹴り合い、殴り合いに持ち込もうとする男子もいたが、女子に股間蹴りを決めても大したダメージにならないし、パンチも身軽な女子に次々と避けられ、反対に金的へのカウンター攻撃を受ける羽目になった。



更衣室での喧嘩(その1)



「ぎゃあ!!!」

「うわあ!!!」

 さまざまな悲鳴が女子更衣室に響く。男子から女子への攻撃は威力を発揮しないし、逆に女子から一発でも金玉に攻撃を受けた男子は数秒でノックアウト状態になる。

 神様が男の子だけに与えた急所は絶対的な物だった。思春期で、育ち盛りの男子も金蹴り一発で床に沈む。歴戦のプロレスラーでさえ、女子小学生から急所蹴りを受けると大変苦しい思いをするのだから、キック力抜群のサッカー部の女子高校生から金蹴りを受けたら、男子はみんな悶絶してしまう。

 また、不利を悟った男子が逃げ出そうとしても、入り口付近にはチアリーディングの女子が待ち構えていて、逃げ場がない。狭い出入り口で、股間の蹴り合いをして、次々に男子は悶絶していく。それは勝負ともなっておらず、一方的な虐殺であった。

 前回の野球部との練習中はある程度、男子の急所攻撃に慎みがあったチアリーディング部の女子たちであったが、今日は違う。女子更衣室に乱入した男子を撃退するために容赦ない攻撃を繰り広げている。

 野球部の男子の中には金カップで防御している者もいたが、サッカーやチアリーディングで鍛え抜かれた女子からのキックの前には通用しなかった。プロボクサーが使う何十万円もする金カップだったら、話は別だったかも知れないが、野球部が試合で普段使っている数千円程度の金カップは流れ球が股間に当たった時に衝撃を和らげることを目的に作られているだけなので、女子高校生からのハイキックには無力だった。

 両手で股間を押さえている男子たちを見て、チアリーディング部の愛衣は残酷な好奇心に襲われた。自分たちには付いていない、おちんちんやキンタマには興味津々だし、そこが男子最大の急所なのだから、遊んでみたくなる。

「そんなに痛がらなくてもいいじゃないの。小さなキンタマだけなんだし」

 自分のキックが予想以上に男子に効いていて、愛衣は喜びを感じていた。強いはずの男子をこんなに簡単に倒せるのである。愛衣には殴り合いの喧嘩の経験などほとんどなかったが、キンタマを攻めるだけで、余裕で男子に勝てた。自身のすっきりとした股間を改めて見て、優越感に浸る。



更衣室での喧嘩(その2)



「いつもはモッコリを自慢して威張っているのに、モッコリを蹴られたら、だらしがないのね」

 愛衣は第二陣主将格の直道に話し掛ける。

「うっせよ!チンコ付いてないくせに生意気だぞ」

「あら、おちんちんなんて邪魔なだけじゃないの。あ、でも、キンタマが急所なだけで、おちんちんは付いていても付いていても問題はないかしら?」

 連続金蹴りとキンタマ踏みつけの後、男子の服を脱がせ始めた。

 男子は抵抗しようとしたが、キンタマから来る苦痛でろくに抵抗できない。

「さてさて、どんな感じかしら?」

 ズボンとパンツ、そして金カップを脱がせると、直道のおちんちんとキンタマが現れた。どちらも男子の秘所であるが、全貌を愛衣にさらしている。全裸になっても、ヘアーしか見るべきところがない女子とは違い、男子の股間は見所満載であった。

 とりあえず、愛衣は直道のおちんちんを優しく揉み始めた。

「あ、ああ・・・」

 直道の声色が変わる。おちんちんの制御権を奪われた瞬間であった。彼女以外の子でも、女の子におちんちんをいじられると、男子は性衝動に駆られるらしい。直道も金的攻撃の防御策は考えていたが、性衝動への対応策は考えていなかった。

「触るなよ!変態女!」

「女子更衣室には行って来る男子の方がよっぽど変態でしょう?それに、本当は気持ちいいんでしょう?」

「全然気持ち良くなんてない!」

 直道は即座に否定するが、愛衣の手の中で、直道のおちんちんはあっという間に大きく硬くなった。しかも、直道は全く意識していなかったが、キンタマもせり上がってきて、射精の準備を始めた。こうなると、男子は性衝動を抑えるのが困難になる。

 レオタードで、胸の膨らみとすっきりとした股間、女の子の柔らかい身体を実感した直道はどうにもこうにも反応してしまう。ほんの3分前まで、キンタマから来る地獄の痛みで男に生まれてきたことを後悔させられてきたが、男の快楽に身を委ねつつある。

 愛衣は言葉責めも積極的で、「いつも家で1人でシコシコするのはこんな感じなのかしら?」・「男だったら、勢い良く出しちゃいなさいよ。すっきりするわよ?」などと言い、男子の羞恥心を刺激する。

 そんなことをしながらも、愛衣は『自分も生まれてくる時は似たような状態だったのかな?』と物思いに浸る。おそらく、愛衣の父と母も前戯で似たようなことをしているはずである。

 一方、直道は女子が感傷に浸っている間も射精を耐えないといけない。おちんちんとキンタマを抑えた女子を相手に徹底抗戦を行うが、状況は直道が圧倒的に不利だった。

 おちんちんとキンタマを抑えた女子には豊富な攻略手段が用意される。勃起中枢・射精中枢を使い、男子に性衝動を起こさせる。男子が理性の部分で抑えようとしても、脳が射精命令を出せば、終わりである。また、適度に休みを入れることで、男子の心変わりも強制できる。

 ついでに、キンタマを上に撫で上げることによって、射精に至る時間も短縮できる。本来、金玉袋の中をキンタマがせり上がることによって、男子は射精ができる状態になるが、それを女子の方から調整してあげるのである。

 それなりに女性経験がある直道も愛衣からの愛撫には苦戦した。自身の性器を取り戻そうとするが、おちんちんとキンタマを女子に奪われていて、効果的な反撃ができない。手で奪い返そうとすると、キンタマをより強く握られてしまう。直道が無抵抗状態になると、愛撫を進められ、おちんちんは射精寸前の状態にさせられた。周囲の目がある女子更衣室での射精は何としてでも避けなければならないと直道は思うが、力を抜くとすぐに昇天である。

 一方、男子相手の耐久レースについての経験が豊富にある愛衣にも、直道が射精寸前になっていることがよくわかった。

「直道はこの快感に耐えられるかしら?」

 そう言うと、愛衣はおんちんちんを揉むスピードを上げる。

「う、う、う・・・」

「おちんちんがピクピクしているわね。もう出そうなの?」

「出るわけねーだろ!」

「そうよね。女子更衣室で射精なんてするわけないわよね♪」

 そう言うと、愛衣はコンドームを直道のおちんちんに装着した。いくら強がりを言っていても、射精はコントロールできるものではないし、本当に射精したら、部屋が汚れて嫌だからである。

 一方、直道も全力でおちんちんの筋肉に力を入れ、射精を我慢しようとするが、射精しそうな感覚は急速に高まっていく。射精を必死に我慢する男子の顔はとてもかわいいので、女の子はどうしても意地悪がしたくなる。

「女子更衣室で精液をぶちまけたら、どうなるかしら?」・「私の愛撫に耐えられた子っていないのよね。男子ってみんな早漏だから」・「いつもは写真集で抜いているの?家で1人で抜くよりかはここで射精しちゃった方がいいんじゃないの?女の子相手に赤ちゃんを作る練習ができるし」と愛衣は射精を我慢しづらい言葉を続ける。

「くそ・・・」

 射精を少しでも遅らせようと、直道は腰を引いたり、他のことに気を移そうとしたりするが、愛衣におちんちんを管理されている状況に変わりはない。

 数秒後、直道は射精してしまった。勢い良く発射された精液はコンドームの中に吸い込まれていく。周囲の女子もその光景をじっくりと観察する。彼氏以外の射精風景を見る機会はあまりないし、興味津々である。

 射精後、直道は恍惚状態になっていた。愛衣は精液で満たされたコンドームを外しながら、「こんなに出したんだから、気持ち良かったんじゃないの?」と聞いてみた。

 自身の精液と言う決定的証拠を押さえられ、直道も黙るしかなかった。その上、同世代の女子数人の前での射精である。男子は女子に強制射精させられると、自慰を見られたと錯覚するらしいが、直道は複数の女子から自慰を見られたのと同じ感覚に陥っているのである。

「最後に仕上げをするわね?」

 羞恥心からうつむいている直道のキンタマを愛衣は思いっ切り踏みつけた。

「ぎゃあ!」

 直道は短い悲鳴を上げるとそのまま気絶してしまった。射精で体力を消耗していたところに度重なる急所攻撃だけあって、効果はテキメンだった。女の子に喧嘩で負けて悔しいなど思う余裕すらなく、直道は戦闘不能にさせられた。



(広告:アマゾンのページへ飛びます)





お知らせ(2018年2月22日)

2018.02.22
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

今回、野球部の男子がサッカー部の女子に復讐するため、女子更衣室に乱入する小説を更新します。
普段、男子相手に金蹴りを楽しんでいる子でも、自分の彼氏がキンタマを他の人に握られていたら、心配すると思います。