FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

内大臣の娘(第1話)

2019.01.13
優奈の朝は、雑色の部屋へ行くことから始まる。
朝立ち検査である。
優奈の父である前内大臣・久我直治の江戸屋敷には20人の雑色がいる。女5人、男15人で、屋敷の雑用、下働きの身分である。

優奈が男の急所に関心を持ったのは、屋敷警護の女武者に実践体術を習ったことがきっかけだった。
上流公家の娘に実践体術はいかがかなものかと言う意見もあったが、優奈の父は、女であっても護身術位は身につけるべきだし、異性の身体のことも直接は言いにくいが、実践体術を通じて学ぶなら、ちょうど良いと考え、実践体術の稽古を受けさせた。

20人の男女が、男女別に左右に並ぶ。
異様なのは、男女ともに皆、ふんどし姿であることである。
しかも、実践体術でも多用されているふんどしで、機動性を重視するため、鋭角な逆三角形のふんどしである。
もちろん、身体のラインも、はっきりと出てしまう。
朝立ちが収まらないうちに、このような刺激的な光景を見せつけられた男子は、ますます、おちんちんが固くなってしまう子が多い。
勃起していないのは、まだ声変わりもしていない子2人だけだった。

一方、女子は男子の下腹部の突起を見ても、表面的な変化はほとんど起きない。もちろん、同い年位の男子の性器を見て興奮するが、女子には勃起現象がないのである。

当然のことながら、公家屋敷に奉公に上がった男子は禁欲生活を送ることになる。年齢的には、10代から20代前半で、まさに第二次性徴期である。
性欲のはけ口がないため、たまった精液は夢精に向かう。
普段、厳しい行儀稽古や見習い武道で精神面も鍛えている男子であっても、夢精には抗えない。
睡眠中の男子は強制的に性的な夢を見せられて、勃起や射精に導かれる。夢精が嫌で、夜の水分補給を控える子もいるが、無駄な努力である。
さらに、就寝前に邪念の払う読経を行う男子もいるが、夢精には効果がない。
話を聞くと、夢の中でも夢精しないように必死に耐えているそうだが、おちんちんは言うことを聞かないらしい。

夢精した男子は、女子から笑いのネタにされる。
「欲求不満でたまっているの?」
「邪念があるからそんなことになるのよ。もっと修業に集中しなさい♪」
しかし、どんなに修業を重ねても、夢精はしてしまうし、朝立ちも回避できない。昼間、起きている時に自慰で射精するのが1番楽な解決方法であるが、常に女子の目がある屋敷内ではそんなこともできない。

お風呂場でさえ、女子と混浴である。他の公家屋敷や大名屋敷に奉公している者の中には、羨ましがる者もいるが、身を清めるためのお風呂で勃起したことが分かった場合、金蹴り10発の罰が待っている。

「100数えるまで、不埒なことを考えた者は金蹴り10発ね」


相撲少女の仁王立ち(ブログ用)


今日も優奈が朝立ち検査の開始を宣言する。
上流貴族の娘らしく、堂々とした物言いであった。
今、男女がふんどし姿で向かい合っているのは、朝稽古の扱いである。

形式上は行儀見習いと言うことになっているが、やっていることは朝立ちチェックである。下半身裸の女子と向かい合う男子は、同時に自身の欲求とも向き合わなければならない。

武道をやっている男子は瞑想術も身に着けている子が多いが、扇情への耐久性は未知数である。視覚だけの情報であれば瞑想も有効であるが、優奈は愛撫と言葉攻めも行う。

今日、ターゲットとなったのは豊太郎(とよたろう)である。この屋敷に奉公に上がって、5年経つが、未だに朝立ち防止への有効な技を習得できていない。そもそも、男子の意思で朝立ちをコントロールできる術などあるのか?と言う根本的な疑問さえある。

「ほら、あと30秒よ?早く勃起を収めないと痛い目に遭うわよ?」

先兵として、豊太郎に対峙しているのはタエと言う奉公に上がって8年目の少女である。

「うっせよ!」

豊太郎は吠えるが、勃起は一向に収まらない。タエの方を見ると、アンダーにうっすらとした発毛があるだけで、何もぶら下がっていない。股間にキンタマがあるか、ないかで、人間の運命は大きく変わるのである。

「男子は五郎(ごろう)と裕之(ひろゆき)以外、13人とも勃起じゃないの」

「情けないの。男子って、邪念ありすぎ!」

「朝から邪なことを考えているの?」

女子からは男子を茶化す声が相次ぐ。女子は男子の3分の1しかいないが、性欲の手綱を握っている女子が主導権を握っている。

「金的制裁、行きます♪」

タエのしなやかな蹴りが豊太郎の股間を直撃する。蹴りが命中した瞬間、ふにゃとした柔らかい感覚があった。しかも、その瞬間、タエはおちんちんと金玉をえぐるように、スナップを利かせる。これだけで、男子の苦しみは確実に倍増する。

「ふぎゃあああ!!!」

豊太郎は情けない悲鳴を上げると、両手で股間を押さえてうずくまった。金玉から脳天まで突き抜けるような激痛が男子を襲う。たくましい筋肉や強固な骨格など全てを貫通してしまう痛みであった。

「男子って、邪念も痛いのも我慢できないのね♪」

「男子は女子よりも体力があるんだから急所が1つ多くても、ちょうど良いじゃないの。あ、でも、その1つだけ多い急所のせいでそんなに苦しんでいるのね♪」

「タマタマは鍛えようがないみたいだわ。小さな子どももこんなに大きくなった男子も、タマタマをやれた時だけはみんな同じなんだから♪」

「くそお・・・」

好き勝手な批評をされ、豊太郎は悔しそうにうめく。少女たちを見上げると、その股間には何もぶら下がっていないし、エッチなことを考えているかも見た目からは判断できない。

「次の部屋へ行くわよ!」

男子を思い通りに苦しめることができ、満足した優奈は元気良く、部屋を去って行った。

優奈が出て行った後も、男たちは金玉から来る激痛と闘わなければならない。両手でキンタマを押さえて苦しそうに、痛みが去るまでじっと耐えている。

一方、女子は「金玉なんて押さえていないで、さっさと配置につきなさいよ」と笑顔で悶絶する男子のことを見下しながら、仕事へと向かった。



(広告:アマゾンのページへ飛びます)





スポンサーサイト

お知らせ(2019年1月13日)

2019.01.13
明けまして、おめでとうございます。
今年も1年よろしくお願いします。
ツイッターの方では挨拶をしましたが、ブログの方は新年の挨拶が遅れてしまい、申し訳ありません。
今回は、前右大臣の娘が屋敷に仕える家来に金的攻撃や朝立ちチェックをしていく話です。
第一弾は雑色が相手ですが、次回は武士も対象になります。
江戸町奉行所同心の次男坊などで、日頃、武術に励んでいる男子だったら、公家の娘に金蹴りされても平気でしょうか?
男の子だったら、キンタマもしっかり鍛えてね!

ツイッターに載せたイラストをブログにも載せておきますね。


神事相撲の対戦(ブログ用)



後日、アップする予定の演劇部の話です。
演劇部で、神事相撲を再現することになり、女子部員が男子の股間を握り、勝負をします。
もちろん、男子の方からも女子の股間を握って良いルールになっていますから、簡単に負けることはないでしょう♪
男女で股間の握り合い勝負をすると、女子が圧倒的に有利ですが、金蹴りの時みたいに蹴り潰される心配はありませんし、演劇部の女の子の握力だったら、そんなに痛がらないで済むと思います。

麻衣と弘夏の会話(男子の急所と恋愛テクについて)

2018.12.31
「ペガサス座の箱庭」の麻衣が弘夏に、男子の急所と恋愛テクについて、語ります。
本来、護身術目的の金蹴りを中心とする急所攻撃を彼氏に行う麻衣に勝てる男子は現れるのでしょうか?
今のところ、柔道有段者の男子も、スポーツ万能の男子も、麻衣の急所攻撃には耐えられません。
男子だったら、キンタマくらい、鍛えてね!


[広告] VPS




(広告:アマゾンのページへ飛びます)





男女交流学習の理恵が語る男子の急所について(金的攻撃と恋愛テクの効果)

2018.12.31
まず最初の質問です。
男の子にはおちんちんだけでなく、金玉も付いていることを知ったのはいつ?

私のお父さんはプロレスラーで、女の子の私には色々な急所攻撃の練習をさせていましたので、物心が着くころには、男の子の身体の構造をすでに知っていました。
小学1年生の頃、元々は空手用の教科書だったと思うのですが、裸の男の子のイラストが入ったテキストを渡されました。
そこに、身体の部位の名前と攻撃方法が描いてありました。
金的というのは金玉の別称ですが、その解説が充実していて、今でも内容を鮮明に覚えています。



2つ目の質問です。
おちんちんが立つことを知ったのはいつ?

これも小学校に入る頃にはすでに知っていました。
私は小さい頃から、私はボクシング教室に通っています。
その教室では、毎年、夏休みに合宿がありました。
山奥の練習場で行われるため、お風呂は男女混浴です。
日頃、男子の急所などについての知識を活用し、金蹴りや電気あんまをしまくっている女の子たちですから、積極的に男子の身体に触れます。

小学生のうちは、男女で体格差がほとんどないか、女子の方が優位なため、女子が圧倒的に有利な展開となります。
男子も反撃しますが、相手の女子にはキンタマがないため、通常攻撃しかできません。
女子との股間の握り合いバトルに持ち込まれ、悶絶する子や股間の蹴り合いで自慢のキックが女子に全く効かず、逆にカウンターの金蹴りで負ける子などが続出していました。

また、痛いだけではなく、おちんちんへの攻撃も盛んでした。
女子におちんちんを握られた男子は悲惨です。
女子がおちんちんを揉み始めると、男子は性的な快感に襲われます。
勝負の最中と言うことで、男子は勃起しないように必死で我慢しますが、無駄な努力ですね。
外部からの刺激による反射的勃起に男子の意思は関係ないため、勝手に固くなってしまいます。
そして、おちんちんが大きく立ち上がると、女子から「エッチ、変態」などと言われます。

私たちも、普段は服の上からしか見る機会がないおちんちんを生で見られて興奮します。
しかし、男子とは違って、女子には勃起現象がないため、見た目上、ほとんど変化はありません。

また、小学校高学年の男子の中には、女子は興奮すると、股間が濡れたり、性器が少し膨張すると言う知識を持つ子もいて、そのチェックを仕掛けてきますが、お風呂場で発見するのは不可能に近いです。
お風呂場では、股間はお湯で濡れていますし、元々、女子の性器を見慣れていない男子はお風呂場で股間を見ても膨張しているか、どうかの判断は付きません。
結果として股間の触り合い勝負に深入りしてきた男子は、女子に言い返すことができない上、より強力な集中攻撃を受ける羽目になります。
金玉を握ったまま、浴場を引っ張り回されたり、女子の前で強制射精させられる子もいましたね。

精通したばかりで自慰の仕方や自身の身体の仕組みもよくわかっていない状態で、女子からのモミモミ攻撃を受けて、男子が耐えられるわけがありません。
性に目覚めたばかりのおちんちんのコントロール権は、女子の管理下に置かれます。
男子には悪いですが、完全に女子が主導権を握っていましたね。
おちんちんから来る快感も、金玉から来る激痛も、全て女の子の意思だけで決められます。
普段、わんぱくな男子も性欲のたづなを女子に握られ、みんなの見ている前で、金的悶絶や強制射精をさせられて、男に生まれてきたことを後悔しているようでした。






3つ目の質問です。
金玉が男の子の急所だと知ったのはいつ?

1番目と2番目の質問でも答えましたが、物心付いた時には、男子最大の急所、キンタマの存在を知っていました。

ボクシング教室以外で、その威力を本格的に実感したのは小学4年生の頃でしょうか?
ジムでは男子への金蹴りの練習などはしますが、日常生活で同じ学校の男子に急所攻撃をする機会はほとんどありませんでした。
当然のことですが、何でもない時に、クラスの男子の股間を蹴り上げたら、先生に怒られますから。
なので、学校では金蹴りをしたくても基本的に我慢していました。

例外は、男子の方から喧嘩を売ってきた場合です。
その時は遠慮なく、蹴りまくっていましたね♪
小学生同士の喧嘩に武士の情けとか、女の子としての羞(は)じらいとかありませんから、いかに男子を効率的に倒すかと言う点だけを計算した勝負になります。

第二次性徴期以前は男女で体格差はほとんどありませんし、金玉という最大の急所がある男子が圧倒的に不利になってしまいます。
普通に喧嘩をしていても女子が有利なのに、そこに金的護身術を悪用する女子が現れて、男子が勝てるわけがありません♪

「赤ちゃんを作るのに大切な場所なんでしょう?」・「男子がエッチなのはタマタマで作っている男性ホルモンが原因なんだから、タマタマを潰しちゃった方がスポーツに集中できていいわよ♪」などと言って、何度も金玉を握っていました。
やられた男子はすごい声を出して泣いていましたね。
後日、リベンジして来る子もいましたが、同じ急所攻撃でみんな撃退していました。

その後、中学生になって、体格差が逆転し、男子が体格でも身体能力でも優位に立ちましたが、急所攻撃で勝ち続けています。
男子には悪いですが、幼稚園生位の小さな子どもでも、大きくなった高校生の男子でも、キンタマだけは鍛えられないようです。
聞くところによると、キンタマは内臓の一種で、どんなにトレーニングしても筋肉がほとんど付かないため、鍛えようがないみたいですね。
中学生、高校生と、学年が上がるに連れて、普段のたくましい姿とキンタマに衝撃を受けた時のギャップが面白しくて、ますます金的攻撃に興味が出ます。

あと、柔道や空手をやっている男子って、「男は女に試合では絶対に負けない」とか変な信念を持っている子が多いですが、金玉を蹴ってしまえば、楽勝ですよね。



銀髪少女の柔軟アピール(ブログ掲載用)


 キンタマに衝撃を受けてうずくまっている男子に、「ほら、男子と違って、私にはキンタマなんて無様な急所は付いていないのよ。股間の蹴り合いしたかったら、受けて立ってあげる♪」と足を垂直に上げて、すっきりとした股間を誇示すると、たいていの男子は負けを認めます。男と女は全く違う生き物であることを自覚して、どちらが強いか、はっきりと認識するのでしょうね。

キックボクシングの公式試合は男女別なので機会がありませんが、ジム内での練習試合ではよく金蹴りしています。
蹴った感触から、金玉の大きさや1つ蹴ったのか、2つ蹴ったのかも、わかるようになりました。
2つとも蹴り上げた感触があった時は、相手の男子は試合続行不可能になるケースがほとんどです。
しかも、痛みが引かないらしく、その日はずっとジムの隅で体育座りをしてうずくまっています。

また、やせ我慢をして試合を続行する男子もいますが、フットワークが極端に悪くなり、2度目の金蹴りを受けて、完全ノックアウト状態になるパターンが多いです。
筋肉ムキムキの男子ばかりですが、金玉から来る痛みには耐えられないのですね。



4つ目の質問です。
男の子になりたいと思ったことはある?

ほとんどないですね。
生理が重い子の中には、男の子の方が良いと話す子もいますが、私は割りと軽い方ですし、女の子で満足です。
ただ、男の子同士で、遊んでいるのは楽しそうですね。
私が女の子だからそう感じるだけかも知れませんが、もし、一時的に男の子になれるなら、また、子どもの頃みたいに、男子と一緒にお風呂に入って遊んでみたいです。



5つ目の質問です。
女の子で良かったと思ったことはある?

はい、私の場合、基本的には女の子で良かったと思っています。
特に、空手の都道府県ブロックで優勝経験がある男子と勝負をして、勝った時などは快感ですね。
もちろん、金蹴りで勝負を着けました。

別に卑怯ではないですよ。
女子は男子の金玉を蹴ってもいいことになっていますし♪
男の弱点なのに、そこを鍛えていない男子が悪いのです。
腹筋を鍛えている暇があったら、金玉を鍛えるべきだと思います。



6つ目の質問です。
男子を強制射精させたことはある?

はい、あります。
彼氏と同じ部活の男子にはよくやっています。
同じ部活の子にやる時は、完全にいたずら目的ですね。
やり方は簡単で、練習中に服の上から股間を握ります。
まず、金玉を掌握して身動きを封じ、おちんちんを捕捉します。
金玉を握ると、男子は暴れ出す子が多いですが、「おとなしくしていないと金玉潰すわよ?」・「しっかり立っていないと手コキしてあげないわよ?」・「私、構造知っているから。金玉は1つ潰れても、もう1つあるから平気なんでしょう?1つ位潰した方が性欲も減ってちょうど良いんじゃないの?」などと言うと、すぐに順応になります。

理由はよく分かりませんが、体操服の上から揉む方が男子は性衝動に襲われやすいみたいですね。
本来は禁欲状態で試合に集中しないといけない服装で、女子からおちんちんをモミモミされるので、背徳的な喜びを感じているのでしょうか?

おちんちんを揉みながら「気持ち良いでしょう?」と聞く、「全然気持ち良くなんてない!」と否定する子が多いですが、「気持ち良くない割りには、おちんちんがガチガチね。射精してパンツがベタベタになったら、早退するしかないわね。それとも、着替えのパンツも持ってきているの?」などと言うと、「せめて、パンツを脱がせて」と急に弱気で懇願してくる子が多いので、笑えますね。

このように、パンツ着衣状態での強制射精をちらつかせて、男子自ら下半身裸にする状況を作り上げます。
あとは、男子のおちんちんと金玉を生で観察しながら、射精させていました。
射精が近くなったら、あらかじめ用意しておいたコンドームを着用させて、愛撫を行います。
部活の練習中と言うこともあり、ターゲットとなった男子は理性と精神力で、射精衝動を抑え付けようとしますが、我慢できる子はほとんどいません。

「何出しそうになっているの?男子は女子よりも体力があるんだから、10分位は我慢しなさいよね♪」・「ひろゆき君は彼女がいないの?いつもは家で水着の写真集でも見ながら1人で抜いているの?こんな風におちんちんをシコシコして、射精しているのかな?」・「それとも、練習に専念するためにオナ禁しているの?立派な心意気だけど、夢精したら同じよね♪」などと言葉責めを加えると、より効果的です。





7つ目の質問です。
男女交流学習で、金玉を蹴られた瞬間はどうだった?

想像以上に痛かったですね。
絶対に血が出たと思いました。
しかし、あとで見ても傷一つありませんでした。
やはり、痛みを感じやすいだけみたいですね。
それと、両手で股間を押さえてうずくまってしまう流れもよく分かりました。
男は金玉を蹴られると激痛で、本当にどうしょうもないようですね。
今度、男子と対戦する時は、もっと金的攻撃がうまくなっていると思います♪



最後の質問です。
金的攻撃で、男子に勝利した時はどんな心境?

私よりも、ずっと身体の大きな男子を金的攻撃で倒した時は、女の子で良かったと思いますね。
格闘技が強い男子は元々の身体や身体能力の違いもありますが、やはり、練習に明け暮れている子が多いです。
朝から晩までK1やキックボクシングの練習をしていて鍛えている男子の金玉を蹴り上げて、一瞬で地獄モードに落とすのは、かなり愉快です。

「男の急所を狙うなんて卑怯だぞ。金玉だけは鍛えようがないだよ!」・「理恵は女だから簡単に攻撃できるんだ」などと言われますが、無視して、急所攻撃を続けています。
そんな中で男子に、「小さなタマタマのことで、グチグチ言わないの。邪魔だったら、手術で取ってもらえば?女の子は金玉なんてなくても、普通に生きていられるわよ♪」・「金玉のガードを固めないうちはとても女の子には勝てないわよ。でも、金玉って、攻めやすくて、守りにくいところにぶら下がっているわね」などと言うと、すぐに戦意を喪失していきます。

これは医学的にも原因があって、金玉に受けた衝撃を大脳は内臓奥部への衝撃と判断し、男子に沈静化の指令を出すのです。いかに鍛え上げた男子とは言え、脳から来る命令には逆らえません。
この点を利用すれば、最小限の力で、男子に勝つことができます。

また、女子に負けることに納得がいかない男子の中には、勝負を継続しようと、もがく子もいますが、「まだやる気なの?いつでも相手になってあげるけど、私には金玉みたいな汚い急所は付いていないの。ほら、私のお股はスッキリしているでしょう?金玉付いていないのよ。今度は本気で金玉潰すからね♪」と、何もぶら下がっていない股間を見せびらかすように仁王立ちしていると、たいていの男子は負けを認めますね。
やはり、金玉が付いていない女子と闘っても、勝ち目がないと諦めるのでしょう。



(アマゾンのページへ飛びます)






お知らせ(2018年12月31日)

2018.12.31
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

本日、質問コーナーのイラスト付き音声動画と
イラスト付きQ&Aを追加する予定です。

音声動画の方は「ペガサス座の箱庭」の麻衣が弘夏に一方的に話し掛ける内容。
イラスト付きQ&Aは、「男女交流学習」の理恵が答えます。
男女交流学習で金玉の痛みを学んだ理恵は、男の子をいたわるようになるのでしょうか?
それとも、逆に、こんなに効くんだから、金蹴りしまくろう!と思うのでしょうか?
どちらにしても、男子はキントレで、キンタマを鍛えて欲しいです。

男女交流学習の雪菜から見た男子の急所について(イラスト付き音声動画)

2018.12.09
男女交流学習の雪菜が男子の急所について語ります。
キンタマを掌握しておけば、彼氏攻略にも便利です。
金蹴りと強制射精で、男子を管理しておきましょう♪
女の子には便利な恋愛テクです。



[広告] VPS



(広告:アマゾンのページへ飛びます)







お知らせ(2018年12月8日)

2018.12.08
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

本日、「男女交流学習の雪菜が語る男子の急所について」の音声付きイラスト記事をアップしようと思っています。音声は用意できていますので、準備ができたら、またご連絡いたします。

このブログでは、女の子キャラが質問に答える形式の物が多いですが、3月に公開した「空手男子との護身術対話」のように、女の子が一方的に男子に話し掛けるような作品も人気はあるでしょうか?
急所攻撃を受けて悶絶する男子と話している方が楽しいような気がします。
女の子同士でキンタマについて話していても、あまり賑やかにならないですし。
あと、急所攻撃を受けて苦しんでいるのに、少し回復すると、もっと男子が痛がるような蹴り方や握り方を教えてくれる子もいます。
そんな子は本当は気持ちが良いのでしょうか?
それとも、懐が深い、優しい男の子なのでしょうか?
どちらにしても、早くおちんちんやキンタマを鍛え上げた男子が登場すると、良いですね♪


12月9日午前0時15分、追記
イラスト付き音声動画をアップしました。
公開処理が完了次第、ブログでも報告します。


(広告:アマゾンのページへ飛びます)







「ペガサス座の箱庭」の詩織が語る男子の急所について

2018.11.11
「ペガサス座の箱庭」の詩織が男子の急所について語ります。
その辺の女の子よりも可愛い弟を持つ詩織は、男子の急所について
どんな考えを持っているのでしょうか?
金蹴りなどの急所攻撃を体得すると、男子への優位性を実感して、彼氏攻略も早くなります♪




[広告] VPS



(広告:アマゾンのページへ飛びます)





お知らせ(2018年11月10日)

2018.11.10
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

ただいま、音声付きイラストをアップしました。
今回は、「ペガサス座の箱庭」の詩織(弘夏の姉)が男子の急所について語ります。
公開作業が終了次第、このブログでもお知らせします。


お知らせ(2018年10月27日)

2018.10.27
色々とコメントやウェブ拍手をありがとうございます。
コメントやウェブ拍手は、とても励みになります。

質問コーナーの音声を用意できましたので
詩織編は更新したいと思います。
詩織は、ペガサス座の箱庭の弘夏の姉ですが
麻衣の方が目立ってしまい、あまり出て来ませんね。
それでいて、麻衣は自称男の子(=前世が自称男の子)ですから
色々と複雑ですね。


(11月7日追記)
最近、多忙で体調もあまりよくないため、更新が遅れています。
申し訳ありません。
今度の週末には更新できると思います。